1. 電子不足な芳香族分子の化学

芳香族に電子吸引基を複数組み込んだ新しいπ電子ユニットを設計し,合成します.それらユニットを巧みに組み合わせて,新しいタイプのπ共役系オリゴマーを構築しています.最近,興味のある電子構造や物性を示すオリゴマーの合成に成功しました.この分子設計の指針に基づいて,新規な構造,性質や機能を示す様々な分子を追求しています.

2. 新しい含窒素芳香族化合物の創製

窒素原子を組み込んだ新しい芳香族化合物の合成を進めています.特に構造として興味深い大環状化合物の合成研究を進めており,新しい分子設計に基づいた電子物性の発現に期待できます.

3. 超分子構造体の構築

上記で開発されたオリゴマーを用いた超分子構造体の構築や大環状化合物を用いたホスト・ゲスト化学を展開しています.

4. 電子伝達系ロッド状分子を利用した有機太陽電池の開発

電子豊富なユニットと電子不足なユニットを組み合わせたロッド状分子を超分子的な相互作用を用いてナノ構造体を構築し,有機太陽電池として利用できるように構造を制御することを目的としています.

5. 9,9'-ビアントリルのホストゲスト化学と機能発現

9,9'-ビアントリルはホスト分子として有機分子を取り込むことが知られています.この包接能を利用すれば孤立した空孔内に有機分子を取り込むことができ,今までにない新しい性質の発現が期待できます.それら性質を利用した新しい材料を創製することを目的としています.